太陽の日差しでカスピ海ヨーグルトを作成中

今日はカスピ海ヨーグルトを使っています。

天気がいいので、太陽の日が差し込むところに牛乳と前回作って取り置きしていた少しのカスピ海ヨーグルトを混ぜて置いています。
私は面倒くさいので、1リットルの牛乳パックの牛乳をコップ一杯分ほど飲んでからヨーグルトを入れて、振り混ぜて、ティッシュペーパーをかぶせて輪ゴムで止めています。容器の殺菌の手間が省けてラクチン?!

カスピ海ヨーグルトは一般的なほかのヨーグルトよりも発酵に必要な温度が低く20?30℃ほどらしく、ご家庭で作りやすいみたいです。
雑菌も繁殖しづらいんだとか。
カスピ海ヨーグルトは数時間でできちゃうのですが、できあがったら次に作る時のために熱湯消毒したスプーンとビンを用意してヨーグルトを保存しておきます。

そんなわけで、今日はプレカスピ海ヨーグルトと一緒に日向ぼっこをしながらカスピ海ヨーグルトができるのをポカポカと待ちわびております。

あんまり何度も繰り返して作っていると衛生面が気になってくるので、ひと月に一度くらいは新しいカスピ海ヨーグルトを買ってきて、新たに作り始めるようにしています。

カスピ海ヨーグルト、酸っぱくなくてトロトロで食べやすくて美味しいですよ?!
おススメです。http://www.groves-center.com/